お客様第一主義

ファンダメンタル・リサーチ

チームワーク重視の企業文化

長期的な成功

Background Image
Background Image
Background Image
Background Image
Background Image

当社設立時の理念が、今でも投資家の皆様に信頼されている理由とは

多様化の進む世界で、最良の投資機会を見極めるために多岐にわたるアプローチが必要とされるなか、ティー・ロウ・プライスは、先進国市場、フロンティア市場、エマージング市場の全体にわたり、幅広い資産クラスに跨って株式戦略と債券戦略を提供しています。

1937年設立以来、会社の規模と資産運用の規模は着実に拡大してきました。しかし、創設者トーマス・ロウ・プライス・ジュニアの基本理念は、今日も変わらず継承されています。

当社のチームメンバーは、顧客に対する自らの義務を強く意識しなければなりません。良い結果を出し、世間の信用を得ることを、何よりも真摯に願うことが大切です
- トーマス・ロウ・プライス

当社は何よりもまずお客様を第一に考えます。当社の成功は、お客様の成功あってのものと考え、お客様と共に長期的なパートナーシップの構築に努めます。

今日、当社の一貫した理念と規律ある運用手法は、長期投資を求めている世界中のお客様から支持されています。

ティー・ロウ・プライスでは、独自のファンダメンタル・リサーチが、健全な長期投資対象を見極める能力の原点となっています。このため、地域、セクター、業種、個別企業の各レベルにわたって厳格な分析を行っています。

最良の投資機会を選択するために、当社では積極的に自らの意見を検証し、確認しています。例えば、個々の社債を選択する前に、会社経営陣と面談し、マーケテイング戦略や会社の状況、競争環境について直接話し合います。最終的には、この洞察力に富んだ対話は、当社自身と相手先経営陣の先入観を問い直す契機ともなります。

企業を理解したいならば、その企業を立ち上げ、これまで経営してきた人物の背景を知り、これからの計画を立てる人物の希望と野心を知ることが重要です
- トーマス・ロウ・プライス

市場やセクターをマクロの視点から徹底的に理解することに加え、「ボトムアップ」手法で独自リサーチを実行することにより、毎年何千という投資判断を下す際の基礎がつくられ、お客様にとっての真の価値と、想定されるリスクの把握が可能になります。

多面的な思考と健全な議論を重ねることは、ティー・ロウ・プライスの企業文化に深く浸透しています。当社では、様々な視点から投資機会を検討することが、投資への可能性を解明する最も確実な方法であると考えています。

当社チームのメンバー全員が、能力の点で一様であることは期待していません。私たちが望むのは、多種多様な意見です。私たちは、他者の視点を尊重できるだけの心の広さを持つ人材が好ましいと考えています
- トーマス・ロウ・プライス

チームワークを実践する企業文化により、多分野の専門家間や、個々のファンド・マネジャーとの見解の共有が継続的に図られています。マクロレベルの見解は、現地調査で収集した情報と対比されます。実際、当社では、株式アナリストとクレジット・アナリストが、企業の経営陣を一緒に訪問し、見解を相互に共有するということもよく行われています。

当社では、チームワーク重視の企業文化は、見過ごしがちな機会を捉え、確かな長期的成果を実現するうえで欠かせないと考えています。

トーマス・ロウ・プライス・ジュニアの理念は、ティー・ロウ・プライス設立当時のまま今日も活きています。当社とお客様が、長年の間、多くの嵐を乗り切ることができたのは、長期的アプローチという信条が受け継がれてきたからでしょう。

当社は幾度もの市場サイクルを経験し、あらゆる投資判断を支える豊富な経験を蓄積しています。

当社は長期債務のない堅固なバランスシートを維持しています。それゆえに、長期的な視野を維持しつつ、継続的に事業に再投資できるのです。

トーマス・ロウ・プライス・ジュニアは、会社設立時の理念が今も健在であることを誇りに思っているでしょう。

顧客のために誠実に働き、顧客の満足を得ることができれば、ティー・ロウ・プライスの基盤はより健全でより揺るぎないものになる
- トーマス・ロウ・プライス