地域を選択

現在の設定

日本
日本語
カナダ
米国
オーストラリア
香港
日本
ニュージーランド
シンガポール
韓国
オーストリア
ベルギー
デンマーク
エストニア
フィンランド
フランス
ドイツ
アイスランド
アイルランド
イタリア
ラトビア
リトアニア
ルクセンブルグ
オランダ
ノルウェー
ポルトガル
スペイン
スウェーデン
スイス
英国
Notification Warning

本ページの内容は機関投資家の皆様向けです。機関投資家の皆様のみのご利用をお願いいたします。

重要情報:本ページは、ティー・ロウ・プライス・アソシエイツ・インクおよびその関係会社が情報提供等の目的で作成したものを、ティー・ロウ・プライス・ジャパン株式会社が翻訳・補記したものであり、特定の運用商品を勧誘するものではありません。また、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。本ページにおける見解等は資料作成時点のものであり、将来事前の連絡なしに変更されることがあります。本ページはティー・ロウ・プライスの書面による同意のない限り他に転載することはできません。
資料内に記載されている個別銘柄につき、売買を推奨するものでも、将来の価格の上昇または下落を示唆するものでもありません。また、当社ファンド等における保有・非保有および将来の組入れまたは売却を示唆・保証するものでもありません。
投資一任契約は、値動きのある有価証券等(外貨建て資産には為替変動リスクもあります)を投資対象としているため、お客様の資産が当初の投資元本を割り込み損失が生じることがあります。
投資一任契約は、お客様から金融商品に対する投資判断、及び投資に必要な権限を投資運用業者に一任いただき、その権限に基づき投資運用業者がお客様の資産を運用する契約です。
当社の運用戦略では時価資産残高に対し、一定の金額までを区切りとして最高1.265%(消費税10%込み)の逓減的報酬料率を適用いたします。また、運用報酬の他に、組入有価証券の売買委託手数料等の費用も発生しますが、運用内容等によって変動しますので、事前に上限額または合計額を表示できません。詳しくは契約締結前交付書面をご覧ください。

2021年 ESG投資アニュアル・レポート​

ESGを投資判断にどう取り入れているか​

2021年もティー・ロウ・プライスは、 ESG への取り組みを拡充しました 。当社初となるインパクト投資戦略を立ち上げ 、ESG 分析を専門に行う運用担当者と、それをサポートするテクノロジー・チームを増強しました 。ティー・ロウ・プライスはアクティブ運用を中心とする資産運用会社として、ESG投資において有利な立場にあると考えています 。​
当社のアナリストおよびポートフォリオ・マネジャーは、投資判断において慎重かつ実践的にESGデータを取り組み、それをサポートするためにESGスペシャリスト・チームは付加価値のあるESGデータセットを構築しています。ティー・ロウ・プライスの運用体制と提供商品はお客様の理念に沿えるものと確信しています 。​

2021年 ESG投資アニュアル・レポート​

ESGを投資判断にどう取り入れているか​

本レポートでは、2021年におけるESGインテグレーション実例、企業エンゲージメント活動、議決権行使の詳細な報告に留まらず、多様化するESG評価、企業の政治関与、循環型経済の推進、ネットゼロへの道、といったいくつかの重要なテーマについても考察を進めています。

我々は、環境・社会・ガバナンス(ESG )ファクターは事業の持続可能性と長期的な成功に影響を及ぼす重要な要素であると考えます。ESG に係るリスクと投資機会に関する情報を調査、分析、統合することで、より優れた投資判断を行うことが可能となり、より優れた結果をお客様にお届けすることができます。また、お客様はご自身の ESG 課題に対する価値観に沿った投資が行えるべきであると考えています。

Rob Sharps

ティー・ロウ・プライス・グループ、インク最高経営責任者兼社長

インパクト投資

 

重要情報

当資料は、ティー・ロウ・プライス・アソシエイツ・インクおよびその関係会社が情報提供等の目的で作成したものを、ティー・ロウ・プライス・ジャパン株式会社が翻訳したものであり、特定の運用商品を勧誘するものではありません。また、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。当資料における見解等は資料作成時点のものであり、将来事前の連絡なしに変更されることがあります。当資料はティー・ロウ・プライスの書面による同意のない限り他に転載することはできません。​
。資料内に記載されている個別銘柄につき、売買を推奨するものでも、将来の価格の上昇または下落を示唆するものでもありません。また、当社ファンド等における保有・非保有および将来の組入れまたは売却を示唆・保証するものでもありません。投資一任契約は、値動きのある有価証券等(外貨建て資産には為替変動リスクもあります)を投資対象としているため、お客様の資産が当初の投資元本を割り込み損失が生じることがあります。​
当社の運用戦略では時価資産残高に対し、一定の金額までを区切りとして最高1.265%(消費税10%込み)の逓減的報酬料率を適用いたします。また、運用報酬の他に、組入有価証券の売買委託手数料等の費用も発生しますが、運用内容等によって変動しますので、事前に上限額または合計額を表示できません。詳しくは契約締結前交付書面をご覧ください。​
「T. ROWE PRICE, INVEST WITH CONFIDENCE」および大角羊のデザインは、ティー・ロウ・プライス・グループ、インクの商標または登録商標です。​

202208-2330255​

ティー・ロウ・プライスのホームページから移動します