2021年央グローバル市場環境見通し
サマリー
  • 世界経済の成長ペースは、中国と米国がけん引役となり、2021年前半に加速した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大からの景気回復は、2021年後半に他地域に拡大すると見受けられる。
  • 経済成長は力強いが、業績面で市場の期待に応えることは難しい見込み。ただし、一部の米国外市場では企業業績が市場予想を上回る可能性がある。
  • 米国債に対する機関投資家の旺盛な需要が利回りを低位に維持している。投資機会を発掘する上でクレジット・セクターは考慮の余地がある。
  • コーポレート・ガバナンス基準の厳格化、資本配分の改善、技術革新が中国における投資機会の拡大に繋がっている。

2021年6 月 / 市場見通し

新たな経済環境に備えたポジション

新たな経済環境に備えたポジション

新たな経済環境に備えたポジション

景気回復は順調だが、インフレ圧力がリスクを生み出す

投稿者 Rob Sharps, CFA, Justin Thomson & Mark Vaselkiv

投稿者 Rob Sharps, CFA, Justin Thomson & Mark Vaselkiv

ティー・ロウ・プライス投資責任者
 

Robert Sharps, 

社長、運用部門統括責任者 グループ最高運用責任者


Justin Thomson,

インターナショナル株式責任者 株式部門CIO

Mark Vaselkiv,

債券部門CIO